特典航空券(無料航空券)とは


特典航空券というのは、
マイレージサービスを行っている
航空会社で実施されているプログラムで、
所有しているマイルに応じて
無料でその航空 会社の就航便を利用することが出来る
サービスになります。


特典航空券が利用できる期間は
航空会社ごとに 異なりますし、
必要になるマイルについても
利用する路線や利用する シーズンによって
変動します


例えば、ANAの場合、
必要マイル数は7500マイルから
特典航空券に交換することが出来ます。


ちなみに、
7500マイルで 交換できる特典航空券は、
ローシーズンの0~600マイル区間の
片道航空券になります。


東京発着便であれば、
秋田、庄内、仙台、新潟、大島、三宅島、八丈 島
、富山、小松、能登、名古屋、大阪の
各空港への片道航空券ということになります。


国際線であれば、
12000マイルより
特典航空券に交換することが出来 ます。


ローシーズンの東京発ソウル行きの往復航空券が
この12000マイルで交換することが可能です。


JALの場合7500マイルですと
ディスカウントマ イル期間で、
東京発着の大阪、名古屋、秋田、山形、小松の
各空港への片道航空券が特典航空券として交換ができ、


国際線であれば12000マイルで
ディスカ ウントマイル期間で
日本発着ソウル・プサンの各空港便の
特典航空券に交換することが可能です。

ANAマイルで特典航空券をGETするために必要なマイル数は?


各航空会社が提供しているサービスの一つに
マイレージサービスによるポイントがあるのを
飛行機を利用されることが多い方は
ご存知であるかと思われますが


こ のポイントは
搭乗した距離に比例して加算されていき
単位をマイルと称されており
これは距離の単位であるマイルにちなんで
付けられていますが


陸上におけるマ イルではなく
海里におけるマイルとなっています。


このマイルのポイント数に応じて
割引航空券や無料航空券、
座席グレードアップといったサービスを
受けるこ とができるようになっており


アメリカン航空が世界で初めて
このサービスを開始したことを発端に
各航空会社でも採用されることになりました。


もちろん日本で も
このサービスを提供している航空会社は多数あり
例えば大手航空会社であるANAも
マイレージサービスを提供しており


主に人気のある特典の一つとして
特典 航空券がありますが
国内線における特典航空券の場合で
最低7,500 マイル必要と されます。


国際線の特典航空券の場合では
12,000マ イルとなって おり
ANAの提携航空会社でも使用できる
提携航空会社特典航空券は20,000マイル、
距離に換算すると37,040kmにもなり
地球一周が4万kmと言われ ていますので


距離だけで見ればうんざりしそうですが
このマイルはタクシーやホテルの利用、
外食といったものでも加算されるため
普段意識して溜まるようにし ておけば
案外早く目的ポイントに達するかもしれません。

ANAマイレージで特典航空券が使える航空会社は?


ANAマイレージを使えば、
特典航空券をも らうことが出来ます


この特典航空券は
スターアライア ンスに加盟している航空会社
利用することが出来ますが、
なかなかスターアライアンスというものにも
馴染みがないため、いくつか具体例を紹介します。


まずはもちろん「ANA」。


ANA国内線、国際線の両方で
ANAマイレージでの特典航空券は
利用することが出来ます。


次に「中国国際航空」。


中国への旅行の際にももちろん利用が可能です。


その次に「エアカナ ダ」。


北米への旅行もばっちりです。


他にはオーストリア航空やエジプト航空、
スイスインターナショナルエアラインズ、
ユナイテッド航空、南アフリカ航空な ど、
世界のほぼ全ての地域に特典航空券を
使っていけることになっています。


また、
スターアライアンス加盟の航空会社以外でも、
ANAが提携している航空会 社では
利用することが出来ます。


例としてはマカオ航空やハワイアン航空、
カタール航空があります。


こういったリゾート地に行くのにも
ANAマイレージ、特 典航空券が
利用できるというのは嬉しいですね。

このページ の先頭へ