JCBEITでANAマイルを貯める


社会人になると、
クレジットカードをどう選ぶかということを
悩む人は多いと思います。


日本国内で使えるお店が多いのか。


Pointでのメリットで選ぶの か。


そして年会費で選ぶのか。


いろんな選び方があるかと思います。


そういった中でマイルを貯めることに
適したクレジットカードを
選びたいと考えている人は
JCBEITでANAマイルを貯めるということを
選択してみてはいかがでしょうか。


ANAマイルを貯めながら
クレジットカードを保有したいと
考えている方 にとっては
非常にお得なク レジットカードに なっています。


また、附帯され ている保険も充実し ていて、
旅行障害保険に関しては
最高2,000万円の保険がつ いており、
ショッピングカード保険についても
海外・国内ともに最高100万円が
設定されています。


ただしJCBEITは
ANAマイルを貯めるということに は適しているのですが、
ショッピング時の支払い方法ということに関しては
リボルビング払 いのみという ことになっていますから、
この点には注意が必要でしょ う。


ちなみにJCBではJCBEIT以外にも
ショッピング支払方法が多彩なものから
法人対応のものまで多数用意していますから
確認してみてください。

JCBEITってどう?


数あるJCBのカードの中でも、
注目度が一段と高いのがJCBEITです。


スタイリッシュ なデザインが 他のカードとは
一線を画していると言われるJCBEITですが、
その優れたデザイン性だけにとどまらず、
すばらしい特徴をたくさん兼ね備えています。


たとえば、年会 費が無料であ ること、
それなのに
旅行傷害保険が2000万円もついていること、
またショッピングカード保険も
100万円分ついているということ。


これは従来のクレジットカードには
見られなかった驚きの保証で、
頻繁に買い物や旅行をする人には
とてもいい話だというのはいうまでもありません。


さらにJCBEITは、利用金額合計が1000円ごとに
OkiDokiポイントが2つつく(従来の二倍)ことも
大きな特徴としてあげられます。


ただしJCBEITはその一方で、
ショッピング代金の支払いが
リボ払いしか認 められておらず
リスクが高いことや、
審査が比較的厳しいこと、
最初から自動的にウェブ明細サービスに
登録されてしまうことなどが
デメリットとしてあげられるようです。


JCBEITを実際に使用している人たちからは、
使い勝手が良いこと、
インターネットショッピングのときにも
安心できることなどが口コミでは上がっています。


このページ の先頭へ